長野市で内装工事を行う前に!建材の安全基準のFフォースターとは?

みなさんこんにちは
『長野市の内装やさんの相談室』です。

新築にせよリフォームにせよ気になることに使用する建材が安心なのかということがあります。

室内に、化学物質が多くなればなるほど、シックハウス症候群になる確率が高くなります。

子供やペットは、化学物質を吸収する量が多いと言われています。
その数値は2倍以上!

成長期の子供のほうが大人よりも大きいのです。
家族の安全・安心のためにも、安全基準の高い材料を知っておく必要があります。

長野市で建築材料を購入する時に『フォースターとは』

F☆☆☆☆(Fフォースター)とは

自然素材を使うことが一番の安全と言えますが、そのコストから全ての場所で使うことは現実的ではありません。

一般的には、加工された新建材を使わずに住まいを建てられることの方が少ないです。

建材の安全基準にF☆☆☆☆(Fフォースター)と言うものがあります。

今、現在販売されている内装建材や塗料においてはほとんどの製品はF☆☆☆☆となっています。

以前はJIS規格とJAS規格とで名称が異なっていました、自社ではFc0というものを使うことが多かったのですが、表示方法を統一するとともに、より安全性を高めた基準値を設けました。

そもそもがシックハウス症候群を引き起こす原因とされる有害物質、ホルムアルデヒドの発散量を表す等級で、ホルムアルデヒドの発散レベルを、JIS(日本工業標準調査会)、JAS(日本農林規格)または国土交通大臣認定によって星の数で等級分けされたランクで、F☆☆☆☆(Fフォースター)はその中で、発散レベルの最も低い製品に表示することができる最高ランクの等級で、建築基準法の規制を受けずに使用することができます。

F☆☆☆☆(Fフォースター)は建材などにスタンプなどで表示

長野市で建材を購入する時

建材には、この表示がされています。

稀にホームセンター等でホルムアルデヒドの発散量がF☆☆☆☆より高いF☆☆☆(Fスリースター)が売っている所を見かけます。

建材のF☆☆☆☆

ホルムアルデヒドはシックハウスの原因物質でもあります。

自宅のDIYで室内などに使用する場合、安全基準の高いものを選ばれることをおすすめします。