長野市で内装リフォームをお考えの方必見!内装を塗壁にするメリットとは?

長野市内壁塗り壁工事みなさんこんにちは
長野市の内装やさんの相談室です。

リフォームを検討されている方で、内装の壁をどうするかで悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

内装の壁をどうするかという際に、はじめに決めるべきことが壁紙にするのか、塗壁にするのかということです。

壁紙は安価で、人気の内壁材である一方で、一度汚れてしまうと、壁紙全体を張り替えてしまわないといけないというようにいくつかデメリットもあります。

今回は、壁紙のデメリットを克服する塗壁のメリットと塗壁の種類について紹介したいと思います。

🔸内壁を塗壁にすることのメリット🔸

内壁を塗壁にすることによるメリットには次のようなものがあります。

・塗り替えが可能

塗壁にすることの大きなメリットが、壁が汚れたときに塗り替えをすることによって修復が可能という点です。

壁紙の場合は、一部の汚れができたら、壁紙全体を張り替える必要がありますが、塗壁の場合は、汚れた部分だけを上から塗り直せば終わりです。

・質感が生まれる

長野市漆喰工事塗壁にすることで、壁紙にはない質感を表現することができます。

塗壁独特の微妙な凹凸が生まれ、重厚感のあるなめらかな雰囲気を出すことが可能になるのです。

壁紙の場合はどうしても薄い1枚のクロスですので、塗壁のような質感を生み出すことができないのです。

 

・塗壁の種類

長野市珪藻土リフォーム塗壁に使用される主な種類が、漆喰と珪藻土です。

これらはともに自然の材料を原料とした自然素材であり、人工素材では出せない自然の温かみや風合いを出すことができます。

これらはともに調湿作用を持っており、カビなどの発生を抑えてくれる働きがあります。

他にも、防臭性や防音性など、日常の生活をより快適にすることができる機能を持っているのです。

もちろん塗壁にもコストの面や手間がかかるという面でいくつかのデメリットがあります。

しかし、それ以上の効果を発揮するのが塗壁です。

自然の風合いや調湿作用といった機能は、漆喰や珪藻土にしかないものです。

リフォームによってより快適に生活したいという方はぜひ内壁を塗壁にしてみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.

nagare-form

最新記事 by nagare-form (全て見る)