長野市ラーメン店さま内装工事

施工地域 長野県長野市
施工場所 店舗オープンに伴う改修工事『内装、外壁、庭』
施工内容 外壁塗装工事・エクステリア工事・防水工事・内装工事
目的 店舗オープンのための改装
施工経緯 お客さまからのご依頼

長野市西和田”店舗改装工事”

店舗を改修するにあたり、デザインを良くコストを抑えたいと多くの方が思っていると思います。

そのためには、工事内容を明確にすることが必要です。

例えば・・

☑ フローリングリフォームと壁紙だけで良い
☑ 店舗デザインを大幅に変更したい
☑ 理想の店舗を作りたい
☑ おしゃれに見せられれば良い
など考え方はさまざまだと思います。

内装屋さんによっては、店舗経験が豊富な会社さんもありますし、本格的なデザインを取り入れる店舗会社さんもあります。

この2社だけ見ても価格は異なります。

選ぶ会社と工事内容がうまくマッチング
すれば中間マージンがほとんど発生せずに完了することができます。


今回は、弊社の店舗工事の内容と店舗工事の業者選びなどについて書いてみました。

ご覧いただければ幸いです。

詳しい内容

長野市西和田で店舗オープンに伴う改装工事をご依頼して頂きました。

南信で有名なお店の暖簾分けということで、楽しみに待っている方も多いと思います。
新たな門出のお手伝いができることや、楽しみに待っているお客さまのことを考えると、気合が入ります。

ご依頼ありがとうございます。

以下弊社で行った、店舗改装工事を写真でご覧いただけます。

工事内容について

※机を削り一度白木に戻しました。その後塗装を行い再生しました

店舗外部では外壁2面の塗装とオープン外溝になっている庭の工事を行います。

店舗内部は厨房の塗床工事と木部や机の塗装、内装クロスにはガイナ塗装及びクロス張り替え工事を行います。
内装にガイナを塗ること・窓にフィルムを貼ることで、断熱性能を高めるばかりか、マイナスイオンの効果で空気質を改善してくれるんです。

多くの来客がある店舗では、クーラーや暖房を使用が多いため光熱費がかかりますよね。また森林浴のような気分でお客さまに安らぎを与えることができれば喜んでいただけますもんね!

外部の庭部分には新たに植物を植えて、外壁は塗装を行い看板を設置しました。

厨房の床は常に衛生的な環境だけでなく、安心・安全に調理ができる事が大事です。

厨房ではお湯や薬品を使用することが多いのでそれに強い塗床の塗料を選ばばければコンクリートの下地が侵されてます。
塗床の塗料にもウレタンやエポキシ系の塗料がありますが、使用用途あった塗料を選びましょう。

内部の壁紙には断熱塗装ガイナを使用しました。しろくまペイントでも問い合わせの多い塗料で普段は屋根や外壁の塗装に使用しますが、今回は内装塗装で使いました。
ガイナを内装に使用すると様々な効果が実感できます。

例えば大気中のニオイや汚濁物質の浮遊・付着を抑えるので空気質の改善につながります。
その他に、遮音や防音、防露などの効果があります。一般住居の内装だけでなく飲食店などの店舗の内装でも人気の塗料になっております。

飲食店で大事なものが机や椅子ですね。既存の状態でもキレイな飴色をしていますが、部分的に色が剥げたり、褪せたりしているのでキレイに再生して塗装まで行いました。
使えるものは最大限活用することがエコやコストの削減につながります。

机や椅子もキレイに再生されました。

最終的にコストを抑えて高品質な仕上がりをお届けしました。総工費は210万円でした。

ファイル 2015-10-12 7 31 41 ファイル 2015-10-12 8 32 31 ファイル 2015-10-12 7 32 47 ファイル 2015-10-12 7 33 04 ファイル 2015-10-12 7 32 13

店舗工事の内容から業者を選ぶことでコストメリットなどが得られます

店舗の工事には主に、テナントなどの内装を改装するものと新たに建設するものの2つがあげられます。

店舗を改装するときに、改装する場所は主に内装と塗装になりますが、新築や増築を伴う場合には、躯体から造っていく必要があります。

これらを踏まえ業者選びをすることで、コストメリットなどを得ることができます
新築や増築の場合には工務店さんやゼネコンさんが良いでしょう。

構造知識や建築知識に長け、良い提案をしてくれると思います。
店舗改装の場合には、店舗専門屋さんや内装屋さんが良いでしょう!

内装工事や塗装工事を日ごろから行っているため良い提案をしてくれるでしょう。
少しの工事であれば内装やさんに依頼することがおススメです。

デザイン面を考慮するのであれば、店舗設計さんを入れることで、おしゃれな店舗ができるはずです。

ただしこだわりのデザイン重視のため、コストが高くなる場合があります。

その業者信頼できますか!?工事請負価格によって必要になる建築業許可

ただし、店舗の改修において300万円以上の工事が必要になるのであれば建築業許可が必要となります。
業者が持っているかの確認が必要です。

中にはもっていないにも関わらず請け負ったり、300万円以上の工事を分割受注した形にして請け負う業者も存在します。

いわゆるルール違反を承知の上で工事を行う確信犯ともいえます。
依頼する業者が信頼できる業者であるか確認しましょう。

The following two tabs change content below.

nagare-form

最新記事 by nagare-form (全て見る)