長野市で内装工事を行う前に!工事の最終チェックってどう行われているの?

みなさん、こんにちは
長野市の内装やさんの相談室です。

本日は、リフォーム後にも行われたい、工事の最終チェックについてお伝えしていきます。

工事してみて、仕上がりが悪かったら悲しいものですよね。

良いものを納めてもらうためにも知っておきたい最終チェックについて見ていきましょう。

最終チエックを行いましょう

新築や公共工事では竣工検査というものがあります。

新築の竣工検査は通常であれば自社及び第三者(設計・役所・建築士など)によって行われます。
ここで、補修が必要な箇所があれば、手直しを行うことが一般的です。

このような機会を設けることで、より仕上がりの良い品質で納まるようにしています。

ただリフォームの場合には、採用している会社と採用していない会社があります。
最終チェックが行われるべきなのですが、1社で全て管理するなど、新築と比べ業者(設計・建築・施工)が絡まないことで、チェックされないこともあるのです。

本来、一定以上の仕上がりになっていなければ手直しは当然です。
完了報告を受けた場合、速やかに確認しましょう。

気になるところがあれば、まずは業者に聞いてみて下さい。

既存の躯体の歪みや、既存の建材の影響であれば必ずしも腕の問題ではありません。
しかし、良い業者であれば、この辺りも事前に説明してくれます。

また、検査は施主の忙しさや、早く使いたいという都合によって行われないことがあります。

ただ、施工後に傷が見つかった場合には、使う前に付いたものなのか、使った後に付いたものなのか分からなくなってしまいます。
トラブルを防ぐためにも、責任の所在を明確にするためにも、チエックは欠かせません。

最終的には、家全体の記録を残すことが大切です。

最後に

いかがだったでしょか⁉

最終チェックが大切なことは分かってもらえたでしょうか?
良い仕事をしてもらうためにも事前に最終確認・最終チェックを行う旨を伝えましょう。

 

The following two tabs change content below.

nagare-form

最新記事 by nagare-form (全て見る)