ホテルの内装床、フローリングリフォーム

みなさんこんにちは

長野市の内装やさんの相談室です。

本日は、家のフローリング工事のプロフェッショナルであるツカさんと大工さん2人とフローリングを張ってきました。

皆んな、もうベテラン中のベテランのフローリング職人!!

マンションも住宅も、はたまた公共施設まで、その実績は数多いんです。

うんで、場所はというとホテルなんです。

その内装の床を任されました。

今回は新築では無くて改修なんですよね~!!

これって以外と大変で、既存の状態に上手く合わせる場面も出てくるんです。

例えば、サッシの歪みに合わせてカットするとかです。

それでも、小さい間取りなら、割付通りいくからフローリングの納まりも問題ないんですが、広い場所に貼っていくと伸びていくんですよ!

まぁ、そこもある程度計算しなければいけないんですが・・

改修ということで、張替る部分もあれば、新たに部屋を作り床下地からフローリング張りを行う部屋もあります。

既存の床を剥がしてから、次に置床工事です。

掃除して、パーチクルボードを設置していきます。

この部屋は、ここまでです。

次の部屋は直貼りです。

二人で張っていけば、この広さもすいすい進んでいきます。

シックな感じになってきました。

さて、次は一番難しい網代貼りの補修です。

痛んだ部分を剥いで、新たにフローリングを貼っていきます。

このカタチに貼っていくのは、結構大変なんですよね!

何カ所か張り替えを行いました。

この後、フローリング研磨機を用いて削り出して調整を行っていきます。

既存のフローリングと新規に貼ったフローリングが白木になっていきます。

その後、塗装を行います。

こうすることで、フローリングが新品のように蘇ります。

3層塗って完了です。

ピカピカですね!

よーやく施工完了です。

今回は、様々な技術が必要となる内装の床工事でした。

フローリング貼りや、フローリングリフォームをお考えでしたら、さまざまな技術を持つ『長野市の内装やさんの相談室』にお任せください。

フローリングリフォーム工事のご依頼ありがとうございました。

The following two tabs change content below.

nagare-form

最新記事 by nagare-form (全て見る)