長野市でオフィスリフォームを行う前に!OAフロアのメリットとは?

みなさんこんにちは
長野市の内装やさんの相談室です。

度々お伝えしているOAフロアですが、本日はより詳しくメリットをご紹介していきます。

今一度OAフロアとは⁉

OAフロア、二重床

OAフロアは電話線やLANケーブルといったインフラ関連の配線を収納する空間を床に設けて、二重構造にしたフロアのことをいい、フリーアクセスフロアなどとも呼ばれます。

OAフロアは、床面にケーブルが露出ていないため、ケーブルに躓いて怪我をするというような危険性が低くなります。

また、人や物が移動することによって起こるケーブルの断線を防ぐことができます。

パソコンによる業務を妨げることがなく、データの消失なども防ぐことができるのです。

OAフロア

オフィスにおいてデスクやキャビネットなどのレイアウトも用意に変更することができるようになります。

さらに各配線は床下に収納されているので、床が配線だらけになることがなく美観を損ないません。

このように、OAフロアは使い勝手のよいオフィス環境を整えることが可能になります。

オフィスへの採用が一般的になってきている理由

かつてはコンピュータルームなど限られた場所に設置されるものでしたが、オフィスにおけるパソコン、OA機器、LANの普及によって一般的なものになっています。

最近のオフィスではフロアがあらかじめOAフロアの構造となっている場合が多いですが、後から設置することも可能で、この場合は入り口に上り框やスロープを設けて従来のフロアとの段差を解消します。

また、OAフロアは通信機械室といった耐震性能を求められる場所に施工されることも多いため、耐震補強により強度が高められたものもあり、地震の際のフロアのズレや崩れを防止できます。

OAフロアの工法とは?

おおまかには2種類の方式があり、鉄やコンクリートなどのパネルを支柱で支え空間をつくるパネル構法と、溝のある構成部品で二重床を構成してカバーパネルで蓋をして空間をつくる溝構法があります。

パネル構法は床の高さを調整できるメリットがありますが、フロア自体の耐久性や対ノイズ性能やや劣ります。

また、溝構法の場合は耐久性も十分にあり、歩行感もよく、対ノイズ性能も高いなど、さまざまなメリットがありますが、高さが調整できません。

OAフロア置敷は調整できない

OAフロアには電源コードやLANケーブルなどの通信回線、OA機器の配線が張り巡らされています。

火災や感電の原因になる危険性がないか、電源配線によるノイズが通信に影響していないかなどを確認し、設置する場合には、構法によるメリット・デメリットも考慮して検討するとよいでしょう。

最後に

いかがだったでしょうか⁉

ごちゃごちゃだった配線がきれいに収納できるOAフロア、採用して、ストレスのないオフィス空間を実現してみてはどうですか?

The following two tabs change content below.

nagare-form

最新記事 by nagare-form (全て見る)