長野市で内装リフォームを行う前に!瑕疵担保責任って何⁉

みなさんこんにちは
『長野市の内装やさんの相談室』です。

瑕疵担保責任とは、売り手が販売した目的物に欠点や欠陥があることです。

契約時には気がつくことがなかった隠れた欠陥や構造上の問題など、購入した後に損害を受けた場合に、売り手に手直しや損害賠償ができることです。

この法律は施工を請け負う建設業者や売主となる宅地建物取引業者が、住宅品質確保法に基づいて無料補修などを行う責任(瑕疵担保責任)を果たすのに必要な資力確保のために「保険の加入」または「保証金の供託」が必要で、引き渡し後10年間の保証が義務付けられています。

☑ 住宅品質確保の促進等に関する法律

新築工事は、工法・建て方を問わず全てに該当し、構造耐力上主要な部分および雨水の侵入を防止する部分に関する範囲が保険の対象になります。

リフォームかし保険について

一方でリフォームかし保険は、リフォーム工事を行う事業者が工事部分の瑕疵について瑕疵担保責任を果たしたときに、その損害を補うものとなり任意で加入できる保険です。

補修費用が保険でカバーできたり、事業者名簿がホームページ上に公開されたりと、お客様(発注者)の信頼性を高めるアプローチにも有効です。

長野市リフォーム瑕疵保険業者

保険を利用するにあたっては事業者登録が必要になり

①「建設業法による建設業許可を受けている事業者であること」
②「継続して3年以上のリフォーム工事業を営み、5件以上実施していること」
③「建築士、建築施工管理技士、建築大工技能士の有資格者でかつ②に該当し、代表者または主として工事に従事している」という基準のいずれかに当てはまる事業者が対象となります。

住宅の一部もしくは住宅と一体となった設備に対する増築・改築・補修工事が保険の対象で、築年数や構造、工法は問わせません。

そのなかで「構造耐力上主要な部分が基本的な性能を満たさない」ときや「雨水の侵入を防止する部分が防水性能を満たさない」とき、5年間の保険期間において保険支払いの対象となります。

雨漏り

「それ以外の部分が社会通念上必要とされる性能を満たさない」ときは、1年間の保険期間において支払いの対象となります。

保険対象となるリフォーム工事の瑕疵は、登録事業者(被保険者)が瑕疵担保責任を履行した場合、保険金が支払われます。

もし登録事業者(被保険者)が倒産などにより瑕疵担保責任が履行できない場合には、発注者が直接保険金を請求することもできます。

最後に

いかがだったでしょうか?

瑕疵保険があることでリフォームした後も安心できますね。

また、登録事業者になるためには、保険会社による審査、そして建築業許可がなければなりません。

ここだけでも業者の安心ポイントになるのではないでしょうか?

 

The following two tabs change content below.

nagare-form

最新記事 by nagare-form (全て見る)