長野市でウッドデッキを設置する前に!素材にはどんな種類があるの?

みなさんこんにちは
『長野市の内装やさんの相談室』です。

ウッドデッキに使われる素材の種類には、大きく分けて人工木と天然木があります。

人工木とは?

長野市 人工木 ウッドデッキ施工

まず、人工木は樹脂と木粉とを混ぜて押し出し成型をした素材のことで、樹脂木といった名称で呼ばれることもあります。

人工木の良い所は、天然の木のように湿気を吸うことがないため、腐る心配がなく高い耐久性が高いという点です。

その他にもささくれにくいことや、反りや色褪せをしにくいこと、メンテナンスが楽であること、シロアリにやられにくいことといったメリットがあります。

人工木は色々なメーカーが製造していますが、基本的に施工がしやすい素材なのでDIYに慣れていない人にも扱いやすいでしょう。

天然木とは?

長野市 天然木ウッドデッキ施工

一方、天然木は、自然の木材をウッドデッキ材として加工したものです。

自然の木ならではの温かみや風合いが、天然木の一番の魅力になります。

ウッドデッキ材の天然木の種類はソフトウッドとハードウッドに分けることが出来ます。

ソフトウッドは針葉樹で作られた素材のことで加工がしやすく、人工木より価格が安いというメリットもあります。

ハードウッドは広葉樹から作られた素材のことで、耐久性が高いことが魅力ですが、価格が高い物もあり、硬い材質のものが多いのでささくれが出来て足にささると痛いといったデメリットも持っています。

ソフトウッドの種類にはウェスタンレッドシダーやレッドウッドなどがあります。

長野市 ウッドデッキ施工

肌触りがやわらかく、ささくれや棘が出来にくい特徴があるので素足でウッドデッキで過ごしたいというご家庭には向いている種類と言えるでしょう。

ハードウッドとしては、ウリンやイペ、セランガンバツなどが挙げられます。

ウッドデッキに耐久性を求める場合、ハードウッドの使用がおすすめです。

虫害に強いウリンや防腐・防虫効果を持つ成分を含んでいるイペといった特徴のある素材も見つかります。
イペは港湾部でもウッドデッキに使用されているほど耐久性が高く、20年以上保つこともあるとされています。

ただし硬い木なので加工が難しいという問題もあります。

最後に

これからウッドデッキを設置したい方は、人工木と天然木のどちらを選ぶか迷っているのではないではないでしょうか。

天然木の多くはシロアリを防ぐためや腐食を予防するために薬剤を1年に一度塗るといったメンテナンスが必要となります。

そこで、手間がかかるのは困るという方は人工木を選ぶのが良いかもしれません。

The following two tabs change content below.

nagare-form

最新記事 by nagare-form (全て見る)