長野市で内装工事を行う前に!今さら聞けないインスペクションとは

みなさん、こんにちは
『長野市の内装やさんの相談室』です。

ところで皆さん、インスペクションって聞いたことがありますか、実は(いついつ)から新築物件の需要が減り、中古物件が増えていく中で、住宅の傷み具合や、性能などの現状を専門家が検査、診断することです。

住宅は、経年と共に傷んでいくものですが、それに対して適切な診断ができる必要があります。

宅地建物取引業法の一部が改正されたことで、2018年4月から宅建業者において、インスペクション(建物状況調査)の告知や斡旋が義務化されました。

インスペクション自体はすでに数年前から一部の民間企業が各社独自の基準に基づいて実施されていましたが、今後建物の売買を仲介する宅建業者は必ず行う必要があります。

インスペクション

長野市 雨漏り

インスペクションとは、既存建物の基礎や外壁などにおけるひび割れや破損、天井の雨漏りなど、建物の劣化状況を専門家が調査することです。

宅建業者の義務

長野市 宅建士

今回の改正では、以下の3点が宅建業者に義務付けられています。

1.媒介契約において建物状況調査を実施する者のあっせんに関する事項を記載した書面の交付
2.買主等に対して建物状況調査の結果の概要等を重要事項として説明
3.売買等の契約の成立時に建物の状況について当事者の双方が確認した事項を記載した書面の交付 簡単に言うと、宅建業者は買い主に対し、「インスペクションについて説明できること」、及び「インスペクション業者を斡旋できること」が求められています。

調査内容

長野市 建物診断

インスペクションにおける調査内容は過去、業者の間でバラツキがありました。

このような状況をふまえ、国土交通省は現況検査の内容として、以下のように定めています。

「売買の対象となる住宅について、基礎、外壁等の住宅の部位毎に生じているひび割れ、欠損といった劣化事象及び不具合事象の状況を、目視を中心とした非破壊調査により把握し、その調査・検査結果を依頼主に対し報告すること」 つまり、基礎や外壁の欠損・劣化について、主に「目視」による調査が主体とされています。

また、耐震性などの住宅性能を検査したり、設計図面通りの建築であるかを調査したりすることまでは要求されていません。

調査資格者

調査説明

既存建物の調査を行うのは、「既存住宅状況調査技術者」の資格を保有する建築士です。

インスペクションの料金

長野市 インスペクション 相場

インスペクションの料金に関しては明確な規定が無く、相場としては1件当り4~6万円になっています。

買主の意識

説明を受ける必要性

知識の薄い一般市民が既存建物の良し悪しを判断することは基本的に不可能です。

従って、既存建物を購入する時は、宅建業者から重要事項の説明とともに、インスペクションに対する説明も必ず受ける意識が重要になります。

最後に

いかがだったでしょうか?

中古物件の売買にはインスペクションが必要になってきます。
もし、中古住宅を購入し、リノベーションなどを行う場合には、知っておきたい知識です。

The following two tabs change content below.

nagare-form

最新記事 by nagare-form (全て見る)