長野市で床リフォームを行う前に!ペットが滑りやすい床とその対策

みなさんこんにちは
『長野市の内装やさんの相談室』です。

フローリングの床だと犬にとってとても滑りやすい環境になっているかもしれません。

長野市 ペット用フローリングリフォーム

加工によっては爪も役に立たず、肉球の間の毛などが邪魔をして、うまく踏ん張ることが出来ません。

走ったときや、ソファーなどの高い場所から飛び降りたときなど、日常的な動作で滑ってしまいます。

つまり、通常のフローリングでの生活していれば、いつも足腰に負担がかかっている状態だと考えられます。

大げさでなく、このような状態だと、怪我につながることもあります。

滑ることで起こる怪我について

実際に犬の怪我は家の中で起こることがとても多いんです。

膝蓋骨脱臼、股関節形成不全、椎間板ヘルニア、捻挫、骨折、打撲などの危険があります。

上田市 ペット用フローリングリフォーム

膝蓋骨脱臼とは、膝のお皿が外れる脱臼のことで、特に小型犬に多くみられます。

スキップをするような動作、後ろ足を引きずるような動作が見られ、ひどい症状になると歩行異常になり、手術が必要になります。

股関節形成不全は、股関節の成長に異常がみられる疾患のひとつです。

股関節に炎症が見られることが多く、また大型犬の発症が多いです。

遺伝的な原因によっておこる場合が多いですが、運動などの飼育環境によっても起こる可能性があります。

座り方がおかしくなったり、腰を振りながら歩いたりする症状が見られます。

こちらも重症の場合は手術が必要ですが、国内ではあまり行われていません。

椎間板ヘルニアは、ダックスフンドなどに多くみられます。

上田市 ペット用フローリングリフォーム

もともと、腰に負担のかかりやすい犬種でもあり、滑ったり、転んだりしやすいフローリングの床での生活は、より負担がかかり、発症しやすくなってしまいます。

完治も難しく、歩行が出来なくなってしまう恐れもあります。

どの症状でも、運動や日常生活に制限がかかってしまいます。

もともと犬は運動が好きな仔が多く、精神的にも負担がかかることが想像できます。

子犬の頃に発症すると、その後の生育にも大きく影響してしまいます。

既存の床を滑りにくくするためには

滑りにくい環境にする対策が必要です。

カーペットを敷くことが一番手軽です。

ただ、粗相などの後片付けの手間がかかります。

そういった場合は、タイル状のマットがおすすめです。

これだと汚れたところだけを外して洗うことも可能です。

ほかにも、フローリングの上にクッション性のあるシートをはる対策や、フローリングに滑らないワックスを塗る対策、フロアコーティングによる対策などがあります。

最後に

いかがだったでしょうか?

わざわざリフォームするのには敷居が高いと言う方のために、既存の床への対策方法をご紹介しました。

The following two tabs change content below.

nagare-form

最新記事 by nagare-form (全て見る)