長野市で内装工事を行う前に!防火区画って何⁉

みなさんこんにちは
『長野市の内装やさんの相談室』です。

本日は、防火区画についてご紹介します。

建築基準法に定められた区画で、火災時に火炎が急激に燃え広がることを防ぐためのものです。
準耐火建築物及び耐火建築物に求められるもので技術的基準は建築基準法施行令第112条に定められていて、防火区画は大きく分けて4種類があります。

・面積区画

100~3000平方メートル(建築物の構造や用途などによって異なる)ごとの区画 水平方向への燃え広がりを防ぎ1度に避難すべき人数を制御しています。

一定面積ごとに区画するためこのように呼ばれています。

高層建築物は区画の面積が小さくなる(中低層の場合は500~3000平方メートルであるが、高層は100~1000平方メートル)ため、この区画で特に「高層区画」と呼び、中低層の面積区画と区別することもあるんです。

・水平区画

水平面を区画するもの。

全ての床を耐火構造にすることで、下階で発生した火災の影響を受けないようにします。

準耐火建築物や耐火建築物はすでに床が耐火構造であるため、水平区画が問題となるケースはほとんどなく、設計時にも特に意識されないことが多いです。

・竪穴区画

階段や吹き抜け、エレベーターのシャフト、パイプシャフトのように縦方向に抜けた部分は、煙突化現象によって有害な煙や火炎の熱を容易に上階に伝えてしまう。

また、階段は避難時の重要な経路でありここが使用不能になることで被害が拡大する法令により3階以上の竪穴には竪穴区画が必要となります。

竪穴区画によって竪穴となる部分は全て防火区画によって囲われ、他の部分からの火炎から守られます。

・異種用途区画

同じ建物の中に異なる用途が現存し、それぞれの管理形態が異なる場合(例えば複数のテナントが入るデパートなど)火災発生の条件がそれぞれ異なる他、発生に気づきにくいです。

このため用途の異なる部分を区画することで被害の拡大を食い止めるものです。
建築基準法は、防火区画を要求しているのはあくまで準耐火建築物と耐火建築物だけです。

逆に言えば、準耐火でも耐火でもない建築物には防火区画は不要ということになります。

これは一見、奇妙な規定に見えるが法律では先に建物の用途や面積によって準耐火ないし耐火として認めるための技術基準と捉えるのが正しいです。

従って防火区画が必要な建物と準耐火ないし耐火にしなければならない建築物とは一部の例外(面積や階数が少ない為に防火区画が不要な物)を除けば全く同義です。

The following two tabs change content below.

nagare-form

最新記事 by nagare-form (全て見る)