長野市で店舗を構える方に。内装における壁紙の重要性とは?

みなさんこんにちは
『長野市の内装やさんの相談室』です。

「自社で店舗経営をしていて内装をどうしようか迷っている。」

こんな方にお伝えしたいのが、店舗の壁紙の重要性についてです。

今日は、内装のデザインの仕方や、壁紙の重要性についてお話したいと思います。

是非この記事を参考にして、素敵なお店をつくってください。

内装の考え方

内装が、店舗にとってすごく大事だということは、多くの人が分かっていることだと思います。

店の中にいる間、ずっと目に入っているのが内装です。

だから、そのお店の印象そのものなのです。

お客様に「何を感じてほしいか」を基準に内装を考えてみることがおすすめです。

壁紙が内装に与えるインパクト

壁紙は、そのお店で最も大きな面積を占め、最もお客様の目に入る部分です。

お店の第一印象は壁紙によって決まります。

そのため、壁紙の色やデザインを工夫することで、

・お店のイメージを良いものにする

・お客さまの感情をコントロールする

・インパクトを与えて記憶に残るようにする

などのメリットが生まれます。

壁紙のデザイン例

飲食店の場合

飲食店の場合であれば、明るい印象を与える白色や、お料理をおいしそうに見せてくれる暖色系がおすすめです。

また、オシャレなお店にしたいのであれば、非日常感を引き出してくれるような凝ったデザインの壁紙にしてみるのもいいでしょう。

外国の料理店だと、壁紙でその国の雰囲気を表現することで、その国にいるかのような演出をすることができます。

和食の料理店であれば、飾りの花や、繊細なお料理の盛り付けが映えるように、シンプルなデザインのものを選ぶことをおすすめします。

インテリアショップ、雑貨屋さん、アパレルショップの場合

これらのお店は、お店独自のイメージを表現するのが良いと思います。

その上で、壁紙はその世界観を表現するのにぴったりです。

モード系であれば、硬質な印象を与えるコンクリート調のものや、商品を引き立ててくれる暗い色味のものがおすすめです。

一方でナチュラルテイストが売りであれば、ボタニカル調や、木目調などがおすすめです。

最後に

本日は、店舗における壁紙の重要性についてお話させていただきました。

新たにお店を開かれるという方も、リフォームを考えているという方も、是非壁紙にはこだわってみてください。

『長野市の内装やさんの相談室』では、日頃から店舗用の内装を承っております。

お気軽にお問合せください。

 

The following two tabs change content below.

nagare-form

最新記事 by nagare-form (全て見る)