飲食店の内装のデザインのコツって?長野市の内装会社がご解説!

こんなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?

実は、飲食店の内装のデザインには、コツがあります。

お店のイメージを左右する大事な部分なので、是非この記事を参考にしてみてください!

マーケティングをしっかり行う

オーナーの方であれば経営の基礎はしっかりわかっていらっしゃると思いますが、内装を決める上でもマーケティングが重要になってきます。

ターゲットは、具体的に一人のお客さんを想定して、その人になったつもりでデザインしましょう。

デザインとは、課題解決のための設計行為のことです。

ここでの課題は、想定したターゲットに、提供したい体験をしてもらうことですよね。

お客様が気持ちよく過ごすことができる内装を作ることが理想です。

効果的なデザインのコツ

*想定したお客様に合わせる

お店が提供したい体験によって、効果的なデザインは異なってきます。

例えば、気軽に入ることが出来るのが売りのファーストフード店と、お洒落さを売りにしているカフェ、非日常体験を売りにしている高級フレンチの三種類のお店の内装は全然違います。

普段から、どこが違うのかに気を付けてみてみると、細かい部分に気が付けるかもしれません。

動線計画もきっちりと

デザインと言えば、視覚的な情報に気をとられがちですが、利便性も大切です。

店内では、お客様の動線と、スタッフのサービスの動きの両方を同時に考えなければいけません。

例えば、入り口から席までは120センチ(人がすれ違う時にぶつからない距離)、席と席の間は80センチ(サービスをしやすい距離)などが好ましいと言われています。

レジから配置を決める

レジは、飲食店には絶対になければいけないものですよね。

ここから決めていくと配置を決めやすいです。

最後に

今日は、飲食店の内装工事をする上でどのようなデザインが効果的かについてお話させていただきました。

『長野市の内装やさんの相談室』では、長野市の内装工事を手掛けています。

ホームページに施工例を載せておりますので、是非ご参考にしてください。

お問合せお待ちしております。

The following two tabs change content below.

nagare-form

最新記事 by nagare-form (全て見る)