網戸のアミが室内花粉対策に!長野市の内装やさんが解説

みなさんこんにちは
長野市の内装やさんの相談室です。

春に向けて花粉が多くなると室内への流入が気になります。

暑い日には、窓を開けたいものの、なかなかそうもいきません。

そんなお悩みを解決するために、網戸やサッシのメーカーであるセイキから花粉対策の網戸が発売されているんです。

このセイキさん、他にも外から見えにくくする網戸や、逆に景観を壊さないように視界がくきっりする網戸、またペットが体重をかけたり引っ掻いても大丈夫な網戸など様々な商品を開発してきたんです。

それでは、花粉対策に有効な網戸についてお伝えします。

この網戸は風を通して花粉を遮ることができます。

二重構造の網戸が花粉やホコリをガードしながら通気性を確保します。
外部からの花粉やホコリにお悩みの方に有効な商品です。

このフィルター効果のある網戸は、ポリエステルハイメッシュと防虫ネットの二重構造による、花粉、ホコリ対策用として開発されました。
こんな方向け商品です。

☑花粉が飛散する時期に網戸が使いたくても使えない
☑室内にできるだけ花粉を入れたくない
どのような網なのかご覧ください!

その(アミド)素材はまるできめ細やかなストッキングのようです

アミは、まるでキメ細やかなストッキングのようです。

ミクロに織り込まれたフィルターが、花粉やホコリはもちろん、紫外線や雨滴までも80%以上シャットアウトします。

雨の日の花粉も季節も、安心してお部屋に心地よい風を取り込むことができます。

今年の関東甲信におけるスギ・ヒノキ花粉の地方平均飛散量は例年比で言うと90%で例年並み・前シーズン比で言うと110%とやや多めと2016年春の花粉飛散予測にて発表されています。

花粉でお困りの方、網戸の張替え時期であれば採用を検討してみてはいかがでしょうか?

ポリエステルハイメッシュクロスキャビンについて

長野市花粉対策網戸クロスキャビン帝人ネステックス社が開発したクロスキャビンは1インチあたり網目200本と高密度。
優れたフィルター効果を発揮しお部屋にきれいな空気を取り込みます。

花粉やホコリの浸入を防止

長野市花粉症対策網戸クロスキャビンの網目は約80ミクロン。
杉・ヒノキ・ブタクサなどの花粉の大きさは30~90ミクロンですが、花粉は繊維に付着しやすい上に複数で固まって飛散することが多く、この網目を通り抜けることは困難で、80%以上を阻止できます。

紫外線のカット

長野市網戸張り替え従来のネットと比較し、紫外線の浸入は1/6に緩和、畳や家具を日焼けから守ります。

◆リサイクルが可能◆

長野市網戸張替工事網のリサイクルポリエステル製のため分別しリサイクルができます。

花粉をカットする網戸。
春・秋の花粉シーズンに向け採用してみてはいかがでしょうか?

『長野市の内装やさんの相談室』では北信越地域で工事を行っています。

サンプルを見てみたいなどのご依頼があれば長野市近郊であればお届けいたします。

また、実際に体感もしていただけますので、まずは担当者までご相談下さい。

The following two tabs change content below.

nagare-form

最新記事 by nagare-form (全て見る)