中野市で内装クロス張替えリフォームを行う前に!壁紙補修の時期や気になる対応年数とは?

みなさんこんにちは
『長野市の内装やさんの相談室』です。

壁紙、いわゆる内装クロスですが、黄ばんできたり、ヤニがついてしまったりしますよね。

それを見て思うのが「最近、壁紙が汚れてきたな。いつ補修すればいいんだろう?」なんてことです。

こういったお悩みをお持ちの方から実際にお問合せを多く受けますのでお答えていきます。

壁紙は1度貼ればずっと使えるというわけではなく、年月の経過とともに劣化していきます。

しかし、それがいつまで保つのか分からないというのは、建築に携わっていなければごもっともだと思います。

そこでこの記事では、壁紙クロスを使い続けられる耐用年数についてご紹介いたします。

壁紙クロスに寿命はある?

壁紙は一度張ってずっと使い続けられるものではありません。

家庭によってはお子さんが汚したり、どんどん劣化が目立ってくるものです。

また他の要因ですと、直射日光が当たり続け黄ばんでいく、お子さんが直接なにかで汚すわけでもなくとも日常的に手垢が付着し、汚れていきます。

そのため壁紙クロスには寿命があるのです。

メーカーが考える耐用年数とは?

住宅メーカーが考える耐用年数の目安は、だいたい5年から10年といわれています。

これを聞いて結構アバウトだなと感じませんか?

そうなんです、実は各家庭によってかなり耐用年数が変わってくるのです。

これは次にご紹介する劣化の原因が各家庭によって異なるからなのです。

壁紙クロスが劣化する最大の原因とは?

お子さんの落書き、日光による黄ばみなどはある程度対策できますよね。

そのため、壁紙クロスの劣化の1番の原因ではありません。

そこで気になる壁紙クロスの劣化の1番の原因ですが、それは使われている素材の収縮です。

壁紙を作るのに使われている素材は、年月の経過とともに収縮していくという性質があります。

そのため時が経過すると、壁紙の継ぎ目に隙間ができることがあります。

そしてこの劣化のスピードですが、住まいの環境や部屋の状態から影響を受けるため、各家庭で劣化のスピードが変わります。

こうなると部屋の見栄えにも影響しますし、修復が必要です。

注意が必要なのは、これを壁紙の施工をした業者のミスだと判断する方が多い点です。

これは壁紙の性質上起こる劣化ですので、業者の責任ではないという点に注意しましょう。

最後に

今回は壁紙の補修をお考えの方に向けて、壁紙クロスの耐用年数についてご紹介しました。あまり意識している方は多くいらっしゃいませんが、壁紙クロスは消耗品です。

そのため定期的に修復する必要があるのですね。

今回ご紹介した耐用年数の目安、劣化の原因を覚えておき、きちんと修復し、きれいなお家を保ってみてはいかがでしょうか?

The following two tabs change content below.

nagare-form

最新記事 by nagare-form (全て見る)