長野市で床暖房リフォームを行う前に!後付けに掛かる費用とは?

みなさんこんにちは
『長野市の内装やさんの相談室』です。

前回から何回かに分けて床暖房リフォームのことについて触れてきましが、実際に掛かる費用のことは、まだでした。
そこで今回は床暖房を設置する時の費用、また注意点についてご紹介いたします。

今ある住まいに設置したい時に掛かる床暖房の費用

「冬場が想像以上に寒いから床暖房を導入したい、でも後付けの費用が心配。」
こういったお悩みをお持ちの方は少なくありません。

一度建てた家に床暖房を設置するとなると工事も大きくなりそうだし、費用面が気になるところですよね。

床暖房の種類

床暖房リフォームの費用を考えるときに、どういった床暖房があるのか、その種類について知っておく必要があります。

一般的に床暖房は2種類あります。

それは電気式と温水式です。

電気式床暖房

まずは電気式床暖房です。

電気式とはその名の通り、電力を使用し、床を温めるというものです。

これは床下にコイルのようなものを設置し、それに電力を流すことで温めます。

使用する電力ですが、一般的な家電のように家庭の電力をそのまま使用するもの、太陽光発電で生み出した電力を使用するものがあります。

これは仕組みがシンプルですので、メンテナンスがほとんど不要です。

また、ストーブなど灯油を使用する暖房器具と違い、お子様でもスイッチ1つで使用が可能で安全です。

温水式床暖房

次にご紹介するのが、温水式床暖房です。

温水式では床下に温めた水をパイプに流し、それにより床が温められるという仕組みです。

この温水を生み出す仕組みは、ガスを使用しています。

水を使用するとなると水道代がかかるのでは?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、家庭内の循環水を使用できるのでその心配は必要ありません。

床暖房リフォームにかかる費用

ここからは床暖房リフォームにかかる費用を解説します。

一般的にかかると言われている費用は30万から80万円です。

なぜこんなに費用に幅があるのかというと、どれだけの範囲のリフォームか、また床暖房の種類、床の施工の方法によって変わってくるからです。

床の施工方法については「重ね張り」と「張り替え」があります。

重ね張りは既存の床材の上から施工する方法で、張り替えは床材を撤去し、新たなものを追加するものです。

そのため張り替えのほうが、費用が高くなります。

5畳の面積に電気式を重ね張りした場合には25万から35万円、張り替えでは35万から50万円かかります。

温水式の場合、重ね張りで30万から40万円、張り替えでは40万から55万円が相場となっています。

1畳増えるごとに電気式では5万円、温水式では3万円が増えると考えておきましょう。

おわりに

今回は床暖房リフォームをお考えの方に気になるリフォーム費用についてご紹介しました。床暖房リフォームではその種類、施工方法によって費用が変わってきます。

そのためどれくらいの面積にどのような種類の床暖房を施工し、予算はどれくらいかきちんと考えておくことが必要ですね。

床暖房リフォームについてご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

The following two tabs change content below.

nagare-form

最新記事 by nagare-form (全て見る)