長野市で内装工事を行う前に!床材の種類と適したシチュエーションとは

床には様々な素材があります。
現在一般的に普及しているのがフローリングです。

ただ、そのイメージが強いことで他の床材への理解が薄れてしまうことは後の後悔に繋がってしまうでしょう。
床材には、それぞれに性能や特徴があるからです。

例えば畳や、コルクなどは、元の素材だけでクッション性能がありますがフローリングに同様の性能を求めるには特殊な加工が必要となります。

当然ながらコストが掛かります。
床材の種類は豊富ですが、用途や住まう人に合わせて選ぶことが理想です。
この記事では床材の種類とそれぞれの特徴と適しているシチュエーションについてご紹介していきます。

~床材の種類~

床の素材として使用されるのは次のようなものがあります。

フローリング

フローリング施工

多くの住宅で使用されていますが、フローリングにつかわれている木材もさまざまな種類がありますので下記にまとめておきます。

―木材の種類―

ウォールナット

ウォールナットは、昔からフローリングとして使われていて、色はこげ茶色に近く、衝撃にも強いので子ども部屋に最適な素材です。

ブラックチェリー

ブラックチェリーは淡い色合いで、滑らかな感触が特徴ですのでリビングに適している木材です。

メイプル

メイプルは、白色で頑丈な木材なので客室といった明るくさわやかな雰囲気にしたい部屋に使われるこがが多い木材です。

タモ

色は薄い茶色で木目がはっきりしていて塗装がはがれにくいので、こまめに塗装を塗り替えなくても良いのでリビングに最適な素材です。

バーチ

バーチは、淡い色が特徴で、ブラックチェリーとよく似ていますがナチュラルテイストの空間によく合います。

ローズウッド

ローズウッドは、見た目が黒く固いのが特徴です。落ち着いた色合いなので本棚や食器棚として使われることも多いですが、劣化が進むと薄い色に変化していくのでローズウッドを使うと同じ部屋でも違った雰囲気を味わうことができます。劣化が進んでもリフォームすれば使えるので床材としても最適です。

ヒノキ

ヒノキは、油分が多い木材なので耐水性が高い木材のひとつです。耐水性の高さを活かして浴槽を作る際に使われることが多いです。ヒノキは香りが非常に良いので癒しの効果も高い木材でもあるといえるでしょう。

パイン材

パイン材は、柔らかくさまざまなものをつくることができますので、床材としては、白(ベージュに近い)ので使用することで、部屋全体の雰囲気を明るくすることができます。

このように木材によって特性が違うので部屋のイメージに合わせて選ぶようにしましょう。

タイルカーペット

タイルカーペット

タイルカーペットは、タイルの形をしたカーペットのことです。
通常のカーペットは部屋の半分程度の大きさであることがほとんどなので気に入ったデザインがあったとしても敷くことができるスペースがないという理由でカーペットの購入を諦めたという経験がある方でもタイルカーペットなら、豊富なデザインのなかから好きなデザインのカーペットを好きなだけ敷くことができるので自分好みにカスタマイズしてオリジナルのカーペットをつくることもできます。
さらに、わずかな隙間にも敷くことができるのでペットを飼っていてもペットのお気に入りの場所に敷くことができますのでペットも一緒に快適に過ごすことができます。

カーペットは、熱を逃がさない構造になっているので床が冷えるのを防ぐことができますので冬場でも暖かく過ごすことができます。

コルク

コルクは、天然のクッションとよばれるほど弾力性があり、断熱性も高いので冬におすすめの素材です。
コルクは足に負担がかかりにくいので素足でも温かく快適に過ごすことができます。

タイル

床タイル

タイルは、汚れを落としやすく高級感を出すことができる素材ですので、洗面所や浴室の素材として使われることが多いです。

ただし、タイルは隙間からカビが生えてくるので湿気を溜めこまないように注意が必要です。
それだけでなく、万が一タイルが割れてしまった場合は別のものにとりかえなければいけません。

長野市畳工事

畳は、日本の文化の象徴であるともいえますが、畳を敷くことで傷をつけにくくすることができますし、既にフローリングに傷がついてしまっている場合は、その傷を隠すことができます。

また、畳にはフローリングにはないイグサの香りを感じることができますので癒しを感じることができます。

石材

長野市室内石材床

石材の代表的なものは、大理石や御影石です。大理石は高級感と暖かみを感じることができる素材です。

大理石は、カラーバリエーションが豊富なので色の組み合わせ次第で、オリジナルの床材をつくることができます。
いっぽう、御影石は火山の石のことで、一つ一つの石の大きさが大きいので目立ちます。
御影石は大理石と違い溶けにくく、傷つきにくいので床材としても最適です。

石材は、劣化が進むことがないので長年住むことを決めた住宅なら石材を床に敷くことをおすすめします。

クッションフロア

長野市クッションフロア施工

クッションフロアは、裏側にクッション素材が使われているので歩いていても足腰が疲れにくいつくりになっていますのでお年寄りや体の不自由な方がいるというかたにおすすめです。

最後に

ご紹御介してきたように床材の種類は非常に豊富ですので、用途に合わせて選ぶようにしましょう。

『内装やさんの相談室』なら床材も豊富に取り揃えておりますのでお気軽にお問合せ下さい。

The following two tabs change content below.

nagare-form

最新記事 by nagare-form (全て見る)