窓からの直射日光でお困りなら遮熱ガラスフィルムで解決しよう!

みなさんこんにちは
長野市の内装やさんの相談室です。

夏になると辛いのが、窓からの日差し!
かなりの熱が入ってくるため室内の温度も上昇しますし、眩しさも感じてしまいます。
また、店舗であれば商品が日焼けしてしまったり、お客様に暑い思いをさせてしまうかもしれません。

夏になると、窓際にお客様が寄り付かなくなるなんてことも良くある話です。
私たちに窓ガラスフィルムを相談される方にも、店舗の環境を変えたいとの方が多くいらっしゃいます。

窓ガラスフィルムについて

ガラスフィルム工事とは何なのか、どういったメリットがあるのかについてご説明します。

窓ガラスフィルムには、遮熱や断熱を目的にしたもの、プライバシーを守るもの、震災時にガラスの破片による災害を防ぐもの、泥棒が住まいに入らないように防ぐもの、窓をおしゃれに飾り付けるものがあります。

例えば、新築時に断熱フィルムを貼った後と貼る前を比べると、ガラス付近の温度に数十度の差が生まれます。

それほど、ガラスに機能が有るか無いかで室内環境に影響を与えるのです。

また断熱フィルムはエアコン効率をあげるので光熱費が下がるメリットがあります。

実際に断熱フィルムや遮熱フィルムの性能を感じたいといった方には、体感サンプルもお送りします。
どれほど違うのかを、肌で感じてみてください。

プライバシー保護府フィルム

人の目線が気になる方は、ガラスフィルムを張り付けて目隠しをされることをオススメします。
カーテンと違う所はスリガラス調のフィルムがあるため、

装飾デザインフィルム

ちょっとおしゃれに窓をアレンジしたいという方は、デザインフィルムがおススメです。
フィルムを貼るだけで高級な雰囲気にすることもできます。

ガラスフィルムは施工自体は非常にシンプルです。用意するものは定規、ハサミ、メジャー、カッターナイフ、そして窓に貼りつけるためのヘラになります。

貼りたいサイズの窓のサイズを測り、そのサイズ分、フィルムをカットします。
この時に、長い定規を持っていると便利です。
フィルム自体は簡単にきることができるので、カッターナイフやハサミで貼りやすいサイズにカットしましょう。

カットした後、窓を綺麗にふき取り、霧吹きで窓に水滴をつけます。
ガラスフィルムの裏についている保護フィルムをはがして窓に取り付けていきます。

この時に気泡が中に入ってしまうと、外観的に見栄えが悪いですし、フィルムが剥がれてくる原因になります。
ポイントは、ガラスフィルムの中心からヘラでフィルムの外方向へと伸ばしていく方法です。

こうすることで綺麗にはることができます。
簡単に張り付けできますので是非、皆さんもトライしてみてください。

The following two tabs change content below.

nagare-form

最新記事 by nagare-form (全て見る)